あなたが寝てる間に

娘が寝ている間にちょこちょこと記す、みちるの日記・ひとりごとです。

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.28 Sat 00:04
高校の履修単位不足のこと。

「勉強は受験のためにするのか?」と問いたくなります。
そうじゃないだろうとはっきりと大人が言わなきゃ。ねぇ。

当事者にとっては洒落にならない問題でしょう。
でも「受験に必要ないから今更時間を割きたくない」っていう高校生&その親も、どうなんだろ?今回のことで一番腹立たしいポイントは、これだわ。

あたしも受験生だった頃がある。
そのとき何を考えていたかはあまり覚えていないけれど。
「受験科目じゃないから」って手を抜くのは、なんか格好悪いなぁって思っていたと思う。
当時より授業数も減っているし、いろいろあるんだろうけれど。
学校側がそれを励行しちゃあいかんよね。

中学三年生の三学期。
家庭科の先生が
「家庭科は受験には関係ない科目です。だからこそ、この時間を有意義に過ごしましょう」
「この時間はピリピリしてないで、心の底から楽しく勉強してください」
と言ってくださいました。
すごく厳しい先生で。正直苦手だったんだけれど。
「教育」とか「勉強」に対する想いをこの進路選択の大事な時期に語ってくれて。
単純すぎるけど、その先生を尊敬するようになりました。
出会えた先生方が、たまたますばらしかったのかもしれないけれど。
テストの点とかに関係ないような、そんなお話をしてくださる時間が一番好きだったな。
授業を楽しんでいた、そんな記憶があります。

ええ、決して優秀な学生でも勤め人でもなかったし。
そして全く立派な母親でもないですが。
娘には胸を張って、「勉強しなさい」と言うと思います。
自分も勉強している途中だから・・・一生勉強の途中だからと。
学校の授業で学ぶこと。学校の生活で学ぶこと。
毎日の中にあるいろんなことから学ぶこと。

受験に必要な科目だけに必死になっているなんて、そのほうが「時間がもったいない」だよ。
そんなときこそ
自分が何のために勉強するのかって考えてほしい。
「今更履修?やらずに卒業にならなくてよかった」くらいの余裕を持って生きていたいね。
勉強=受験なんて考えるから、勉強=つまらないだとかやらされてるだとかいう考えになるのに違いない。

地方の受験なんて甘いから、こんなこと考えちゃうのかもだけど。
受験の本当の苦しみを知らないだけだとか。言われちゃうかもだけど。
以上、かつてのお気楽受験生のつぶやきでした。

それを
できる人はどんな状況でもできる
やらない人はどんな状況でもやらない
できないのは
ほかの何かのせいではない
ミチルンスキー
(ぱくり:笑)
スポンサーサイト
Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback URL

Top
Calendar
2017.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

藤野みちる

  • Author:藤野みちる
  • 74ers
    子育て奮闘中のラバッパー

    家族:ヒナ(娘:16年1月生)ハル(娘:19年2月生)フウ(娘:21年6月生)と旦那さん 
    必要:ポルノグラフィティ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

Copyright © あなたが寝てる間に All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。