あなたが寝てる間に

娘が寝ている間にちょこちょこと記す、みちるの日記・ひとりごとです。

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.01 Sat 00:36
アルバム、すごく好きです。
まだDVDはみてないんだけども。

カフェイレで「ベアーズ」がオンエアされたとき、
「昭仁の綺麗な声が、生きる曲・・・」
云々と言っていたと思いますが。
なんかそういうのいいなぁと、改めて思ってます。


昭仁の声が、晴一のギター・曲・歌詞に出会った奇跡。
なんか「萌え」だわ。
お互いに刺激を受けあってきたんだろうし。
この二人だから、生まれたものもあるだろう。
個性を長所として受けとめていられるのは、幸せ。


それって、夫婦にも言えることだ。
なんて思ってみたり。
旦那の良さを一番知ってる嫁さんになりたいものです。
昨日、メッタギリしてしまったので反省しつつ・・・
スポンサーサイト
2007.05.02 Wed 22:47
今回のツアーも、順調に進んでいるみたいですね。
「ジャパンツアー」以来毎回参加してきたけど。今回は初めて行けないツアー。だからなるべく触れないように、考えないようにしてきました。

でも、お友達のレポを読んだり。
生声の感想を聞かせてもらったり。


やっぱり彼らはすごい。
体感していないあたしまで興奮させちゃうくらい。
大切なポル友さんたちの感動は、自分の感動でもあるのだ。

ポルノはトドマラズ。
だからあたしも進んでいくのだ。
今回たまたまツアーに参加できなかったけれど。
ポルノとあたしの長いお付き合いの中の、ほんの一コマに過ぎない。


次は行くけん。絶対!
2006.10.08 Sun 00:00
ポルノさん(娘がそう呼ぶので)の新譜「Winding Road」、気づけば頭の中に流れています。
あたしのなかでは珍しく、歌詞よりもメロディーが強く訴える曲。
初めて聞いた横浜の頃よりも、季節がこの曲にあってきたなぁと思いつつ。

晴氏のブログで、この曲のヒットを素直に喜ぶ彼の「思い」がつづられていました。
かつて晴氏が「売れる」ことを悪か?と考えていた頃。
あたしも必死で、「そんなことないですよぉ!!」と彼に伝えようとしていましたわ。
懐かしい・・・ねぇ、Yちゃん(笑)

月日とともに変わることも、悪いことじゃあない。
成長とか、前進とかと呼べるものじゃなくても。
月日とともに変わらないでいること、悪いことじゃない。
信念だとか、強い思いと呼べるものじゃなくても。

ポルノの曲に触れて、彼らの思いに触れて。
こうやっていろんなことを考えるのが、好き。
考えさせてくれる、彼らが好きです。
2006.06.22 Thu 14:20
まだ数日しかたっていないのに、薄れていく記憶。
かなしいのぉ。


追記というタイトルにしましたが。
ポルノさんのことというよりは、自分のことを。


オンエアでみちるを探すよと言ってもらったのですが、きっと無理なんです。
実は一番後ろで観たんです。
(それでもホールのライブの10列目以内くらいの距離だと思う)
当選の通知と一緒に受付番号をもらったのですが、
会場で整列したら後ろから6番でした。
どうやら補欠当選だったみたい。
連絡も遅かったしね。
でも補欠だろうがなんだろうが、超ラッキーにはかわりない。
昭仁も
「ラッキーな人たちですね。応募がものすごくあったそうです」と言っていました。

最後尾でスタジオに入ったので、思い切って真ん中を陣取りました。
普段のライブでは「持久性」を考え絶対スニーカーなのですが、今回は「短期決戦」とふんでいたのでかなり高いヒールのサンダルで行きましたが、これは大成功でした。
歌っている間、全員両手を挙げて手拍子という指示で。
これだと前の人の手が邪魔で彼らの姿がまともに見えない。
でも普段より背が高くなっていることと。
一番後ろだから・・・と前の人にくっつかず少しはなれたことで結構よく見えました。
今跳べる最大限のジャンプをみせたつもりです(笑)

中央にカメラがあったので、昭仁の視線も結構きてました。

以下、当日の記憶鮮明なうちにお友達に送ったメールを参考に。

・「へいゆぅー」のところの昭仁の流し目(視線を左右に送る)がかなりよかった!
(よく考えると目線の動きが見える距離で観るなんて、ひっさしぶりだぁ!)
・スモーク?がでたあとの 昭仁がびっくりした笑い顔がかわゆかった。


うーん。
晴一氏に関するものがない(汗)
実は位置的な関係で演奏中はほとんどみえなかったんだなぁ。
あとやっぱり「顔の小ささ」「ほりの深さ」への驚きから始まり、昭仁に釘付けだったのかもなぁ。

そうそう。もういっこ思い出しました。

一回目の演奏が「録りなおし」となって
2回目もまた途中で「ごめんなさい!もういっかい」(昭仁)と中断。
するとスタッフの人が
「すみません。音声のミスです。もう一回お願いします」
と、私たちに断りを入れました。
そしたら昭仁が
「いや、僕が悪いんです」
と私たちに向かってスタッフをかばうようなコメントを。
スタッフさんや晴一が「おおーー」ってなっていました。
でもしばらく晴一につつかれ
「ホントに自分のせいみたいじゃないか」と少しすねていました。
そして三回目で、OK。
本音としてはもう少し観たかったかな?

 この収録の感想として、
歌う人は演者でもあるんだなぁと思いました。
ライブのときは、高揚感とかで動いているのかなぁと思っていたけれど。
「本番!」の声で一気に歌の世界に入って、まるでライブのときのように歌い上げる。
なんか新しい発見でした。
「プロや!」←あたりまえか・・(笑)
2006.06.16 Fri 15:25
石垣島で見た夢

エイサーを見た夜のことです

・・・

ライブ会場のようです

歌っている昭仁

見つめている自分

目があう

その瞬間 

真っ白な光と 身体への衝撃

夢の中なのに
「ああ、昭仁って目が合っただけで こんなになるくらい素敵なんだ」
と、分析するのです

でも気を失ってる場合じゃないからと、
また目を開けて一生懸命昭仁を目で追う


・・・

変な夢(笑)

ツアーCupidの「みつめている」で目が合ったときは 平気だったんだけど!?←完全にイッテます(笑)
Calendar
2017.11.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

藤野みちる

  • Author:藤野みちる
  • 74ers
    子育て奮闘中のラバッパー

    家族:ヒナ(娘:16年1月生)ハル(娘:19年2月生)フウ(娘:21年6月生)と旦那さん 
    必要:ポルノグラフィティ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
過去の記事
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

Copyright © あなたが寝てる間に All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。